脊椎管狭窄症の原因は、主に以下みたいななんですよ。 ・腰や首への負担 ・同じ姿勢 ・ひねりの動作 ・運動不足 長期間、腰や首へ負担をかけると、脊椎管狭窄症になることが多いです。 腰や首に負担をかけるスポーツを長期間続けている人は、要注意だと思ってください。 それに、同じ姿勢を取っていると、脊椎管狭窄症になりやすいです。 長時間同じ体勢で座っているのはよくないため、デスクワークの人は気をつけてください。 また、腰や首をひねる動作を頻繁に行っている場合にも、脊椎管狭窄症になりやすいです。 それから、運動不足(加齢と共に筋肉の量は?えてしまいますから、毎日少しずつでも運動をするべきですね)によって筋肉の機能が低下することで、脊椎管狭窄症になることもあります。 このように脊椎管狭窄症の原因は、日頃の生活と深く関わっているため、腰や首へ負担をかけないようにしてください。 しかし、だからといって体を動かさないのも運動不足(加齢と共に筋肉の量は?えてしまいますから、毎日少しずつでも運動をするべきですね)が原因で脊椎管狭窄症を引き起こす可能性がありますので、毎日適度な運動をするのも大切なことです。 デスクワークの人は、たまに姿勢を変えたり、定期的にストレッチをするようにしましょうー